家の購入から入居までの内容

中古で購入と新築で建てるのにはどんな差が

中古住宅の場合

最初に、建売の中古住宅を購入するというパターンをお書きしたいと思います。

中古住宅というわけですから、もうすでにそこに建っている家をそのまま購入ということになります。
なので、何もかもを一からスタートする新築に比べると時間や手間はそんなにはかからないと思われます。
何よりも、値段も手ごろなのであまり気負いをせずに購入出来るという気軽さもあります。

ただし、元の持ち主との引き渡しやさまざまなやり取りなどが必須なので、そういったわずわらしいことが苦手な方は避けた方がいいでしょう。
また、何年も空き家だった場合は掃除などのメンテナンスや状態によっては修理を事前に入れなければいけないということも出てくることもありえます。

新築のケース

次は、新築で家を建てるというパターンを見ていきたいと思います。

新築のメリットと言えば、やはり自分の好きな間取りや壁紙、キッチンやお風呂などの細々とした設備を全て自分で決められるということですね。
そして、建って間もないので見た目も中身もきれいですし、最近話題の耐震補強ももれなくついてきます。

ですが、やはり一から全てを始めるということになりますので、場所探しから間取りの打ち合わせ、その他もろもろなどと時間が相当かかってしまいます。
何より、金額がとんでもない額になりますので予算内で収めようとどうしても慎重になってしまい、家の大きさを少し小さくするなど、最初の計画とかけ離れていってしまうことも多々あります。


TOPへ戻る